シンセサイザーと音楽の専門誌 『FILTER Volume.01』 創刊号 2021年7月14日発売!

シンセサイザーを中心とした音楽にまつわる情報を扱うムック『FILTER』が創刊します。楽器の知識やノウハウ、アーティストのインタビューなど、さまざまな記事をお届けしていきます。

書影

表紙アーティスト

平沢進×福間創×小西健司
特別対談:シンセサイザーの制御と表現
P-MODEL改訂期のメンバーである3名は、それぞれのスタンスでシンセサイザーに接し自身の音楽表現に取り入れてきた。技術の進化が続きシンセサイザーそのものが多様化する中で、彼らにとってその存在はどのように変容してきたのか。某日、京都にて実現したスペシャルな会談の模様をお届けする。

特集1

受け継がれるシンセサイザーの系譜

シンセサイザー専門誌『FILTER』創刊号では、黎明期に現れた伝説の名器や音楽シーンに大きな影響を及ぼした機種を振り返る。さらに、それらがどのように現代に受け継がれているかを考察していく。シンセサイザーの本質を知ることで、ぜひシンセサイザーをより身近に、より魅力的に感じてほしい。

  • シンセサイザーの進化と音楽シーン
  • 音楽の歴史に刻まれたシンセサイザーたち
  • DNAを受け継ぎ進化した注目機種レビュー
  • 難波弘之が語るシンセサイザー遍歴
  • 浅倉大介が考察するシンセサイザーと時代
  • デザインで見るシンセサイザーの魅力
  • 横川理彦セレクション シンセ・アルバム・ベスト50

特集2

ビギナー企画 シンセサイザーの基礎知識

  • 松前公高セミナー シンセサイザーの基本と仕組み
  • これから極めたい人のためのシンセ選び
  • ミュージシャンに聞く!初めてのシンセ・サウンド

アーティスト企画

  • 増田隆宣の機材変遷とB’zライブ・セッティング
  • 連載 戸田宏武のいきいき!テクノ・ミュージック改

媒体情報

書影

『FILTER Volume.01』

発売日:2021年7月14日
定価:本体価格1,800円+税
ページ数:144P
型:A4判
発行:FE Plot
発売:シンコーミュージック・エンタテイメント